管理人の部屋


サイト管理人の諦然克惇です

西琳寺檀家の中島です。東京・中央区で法律事務所を開業しています。弁護士業の傍ら、法律ならぬ仏法を学び、弁論ならぬ弁道を追求しております。

かの Apple 創始者、故スティーヴ・ジョブズ氏もかつて禅を志したという、曹洞宗大本山永平寺での修行に参加し、一番偉い管長大禅師から「諦然克惇」という生前戒名を頂きました(ちなみに出家とは違います)。正式には「授戒会」という仏弟子になるための戒を受ける修行で、永平寺では毎年4月23日から29日まで7日間行われます。生前戒名や受戒会にご興味のある方は、下記をご覧ください。


禅詩

私なりに理解した、「禅語」が本来意味するところを、解説ではなく、あえて詩の形式にしてみました。どの「禅語」も、仏教(禅宗)の神髄を伝えていることに改めて気づかされます。


新解・十牛図

悟りへの過程を段階的に表したものとして古来有名な「十牛図」がありますが、牛が表しているものは道元禅師のいわれる「他己」ではないか、との前提で解釈しています。


私の理解する悟りとは

お釈迦様が開かれた「悟り」とは何でしょうか。お釈迦様自身は、何も語っておられませんし、語っていたとしてもその境地を言葉で伝えることは不可能ですが、古来、在家・出家を問わず、同じ境地を求めて多くの先人達が修行してきました。私は「悟り」という私的体験に興味を持ち、生ある間に到達したいと思い、菩提心(悟りを求める心)を発心しましたが、まだまだ道半ばです。悟りの瞬間については、ものの見え方が全く変わり、タガが外れたような究極の自由を感じ、とても幸福な気分に包まれる、という方もおられるようです。しかも「悟り」は求めて得られるものではなく、眠ろうとすればするほど眠れなくなる睡眠と同じで、悟ろうとすればするほど遠ざかるものであり、条件を整えて、わが身をまかせ、悟りの方からやってくるのを待つしかないもののようです(仏の家に投げ入れて、仏の方より行われて)。まずは正伝の仏法の教えを理解しようと、あれこれと情報収集していますが、「悟り」とは体感であり、言葉で定義できるものではなく(不立文字)、教えることもできず(教外別伝)、坐禅等の実践を通じて自ら体得するしかないとのこと。ただ私は、教えの理解(知得)と禅の実践体験(体得)とは車の両輪であり、いずれも悟りへの道には不可欠であると考えています。職業病か、どうしても私は頭で理解しようとしてしまい、実践に欠けるきらいはありますが、現在の到達点として「悟り」とは何か、「禅とは何か」について考えてみました。なお、もとより西琳寺ないし住職の公式見解ではなく、あくまで私の我見であることをお断りしておきます。