13日 9月 2019
 修証義に(露命を無常の風に任せることなかれ)という教えがあります。露命とは、草についた露がいつ消えるかわからない程、はかない命、今日一日の保証さえない命を大切に精進しましょうという主旨です。...
06日 8月 2019
 皆様は西遊記に出てくる孫悟空とお釈迦様の勝負を御存知でしょうか?孫悟空は世界の果てまで飛べると言い切り、お釈迦様は私の手の中からおまえは抜け出すことができないと言い切ります。孫悟空は雲に乗りものすごいスピードで飛び立ち、世界の果てと思われる柱に自分の名前を書いて得意満面で戻ってきます。ところが世界の果てと思った柱はお釈迦様の指であったという話です。私は子供の頃この話を見て不思議でたまりませんでした。お釈迦様は数十メートルほどの大きさなのに、あれだけの距離を飛んだのになぜ?という疑問がありました。皆様はこの話をどう考えますか?  話の中のお釈迦様は宇宙の真理の象徴を表しています。孫悟空は人間の世界ではいかに優れた存在であっても、あくまでも強いこと、能力が突出しているといった人間の評価や価値基準から抜け出ていません。宇宙の真理は能力の有無に関係のない世界です。人間がどう理屈をこねようが水は高いところから低いところへ流れ、動物や虫は誰に教わらずとも子孫を残し生存する力を持っています。人間の中でどんなに権力があり、財産があっても世の中を評価や価値基準で考えているうちは本当の安心は得られません。孫悟空とお釈迦様のやりとりはこのことを表現した話だと思います。
20日 6月 2019
 前回の坐禅会で、同じ景色、同じ道は二度となく、常に新しい体験であるということをお話ししました。これに関連した教えに一期一会という茶道の言葉があります。初めて会った人に、もう二度と会うことがないかもしれないけれども、精一杯尽くしましょうというのが一般的な解釈ですが、本来は、いつも顔を合わせている家族や友人も、同じ出会いは二度となく、その時その時が常に新しい出会いであるから、今を大切に過ごしましょうというのが、禅の精神です。  子供と遊ぶのが好きな良寛様は、子供たちに「良寛さん」と呼ばれると「はーい」と返事をし、しばらくたって「良寛さん」と呼ばれると「はーい」と何度も繰り返したというエピソードがあります。子度たちはただ良寛様をからかっているつもりでも、良寛様は悟りを開かれた禅僧ですので、何度も同じ名前を呼ばれて,からかわれているとは受け取らずにその都度返事をされたという、まさに一期一会の行為を自然にされていたということだと思います。  食事をする時にも、いつもいただいているご飯も常にその時々の新しい味わいがあるということです。  見るもの、聞こえるもの、感じるもの全てが一期一会であるということを体感するのが坐禅です。
01日 5月 2019
坐禅は見える、聞こえる、感じることだけに徹するというのが大切なことですが、私たちは長年染みついた考えるという習慣によって、ただ見えている、ただ聞こえているという事実だけに留まれないので、坐禅では苦労するわけです。...
15日 4月 2019
法話とは仏法の話のことで、お釈迦様の教えを聞く縁です。法話を聞くときは、頭を空っぽにして聞かなければならないという教えがあります。なぜなら、(今日の法話は良かった。感動した。)と感じる場合、自分の考えや信念と法話が合致したところだけを覚えていて、納得できないところはスルーしていることが多いからです。...
18日 2月 2019
 坐禅とは、元来無我であった事実に気付くための実践修行です。それを実感するには、悩み苦しみは心の働きであり、心とはつかむことのできないその時々の様子だと自覚することです。私たちは無意識のうちに、朝起きてから夜就寝するまで、常に頭を働かせ考え事をしています。考えることは心の作用ですが、考えることが、喜怒哀楽の原因となります。ですから考える以前の状態(喜怒哀楽の起こる以前)を体感するのが坐禅修行です。考える以前の状態とは、ただ聞こえる、ただ見える、ただ感じるという事実であり、そこに徹することによって、喜怒哀楽は考えによって起きていることに気付くことです。ですが、私たちは考えるという体に染みついた習慣から抜け出せないために、坐禅では苦労する人が多いのではないかと思います。  考える以前の事実を手早く体験できるのが苦行だと思います。例えば、滝行は水圧と冷たい水に打たれ、考える暇がないほど水圧の痛みや寒さを全身で感じます。滝行が終わった後に、心がすっきりしたと感じる人が多いのは、考えが自然に止んで事実だけになっていたからだと思います。ですが、滝行や苦行は手軽にできることではないので、思い立ったらすぐに実践できる坐禅をお勧めします。
26日 1月 2019
自我意識の起こるのは、思いが私を意識した時に沸き起こります。喜びや充実感に包まれているときは、ほとんど自我を意識することはなく、プライドを傷つけられたとき、怒りが沸いたときに自我を意識するように思います。例えば、スポーツ観戦で応援しているチームが優勝して、喜びで興奮しているときは、私が感動していると意識せずに興奮しています。その興奮状態に水を差されると、自我を意識し不快な気持ちになります。また、嫌いな上司にお茶を入れるよう頼まれたとき、なぜ私があなたのためにやらなければならないのか?このなぜ私がという思いが自我意識の最たるものです。ですが、実際にお茶を入れる行為は、急須に茶を入れる、お湯を注ぐ、茶碗につぐ、という行為そのものには私が入り込む余地がありません。あるのは、その行為中になぜ私が?というイライラしている思いがあるだけです。自分がお茶を飲みたくてお茶を入れるときには、なぜ私がという思いは起きないはずです。私と相手を意識した時に、はじめて自我意識が生じ、不快な気持ちになります。この自我意識と心の状態を日々参究いただきたいと思います。
04日 12月 2018
当初予定しておりました12月21日の坐禅会は会場の都合により延期させていただきます。次回は2019年1月25日の16時から18時まで中島様宅にて行いますので、参加希望な方は事前にご連絡お願い致します。合掌
05日 11月 2018
  前回の坐禅会で、自我意識とは、この身体を私のものと思い込んでいる意識のことで、喜怒哀楽の原因である。それに対しお釈迦様は、この身体は私のものではなく、宇宙的存在であると気付かれました。これを無我と呼びますが、一般的にはこの身体が私のものではないと言われれば納得できないと思います。 ...
09日 10月 2018
 私たちは、この身体を私のものと思い込んで、身体を自分の思い通りにしたいと欲して、思い通りにならないときに悩み、苦しみます。これを自我意識と呼びますが、この身体は私のものではないと気付けば、悩み苦しみは激減します。この身体は世界から独立して存在しているわけではなく、私という思いの所有物ではありません。これを無我と呼びますが、私たちは、誰でも元来無我であったという事実を実感するのが坐禅です。この身体が無我である事実を理屈で説明しますと、私とは何かということを自問自答してみて下さい。私とは、生まれてから今までの生きてきた事実とその記憶の集大成といえます。しかし、今まで生きてきた事実を全て正確に思い出すことは不可能です。数十年の人生の中で思い出せるのは、印象深い過去の経験であって、それを正確に思い出しても、それはあくまで思いの世界で、事実ではありません。では、昨日の出来事はどうであったか?一時間前の私の様子は?というように突き詰めていきますと、それを考えている主体は誰なのかということです。その時、その時の事実があるだけです。事実には喜怒哀楽はなく、後から思いによって喜怒哀楽が起こるのです。日常生活の中でも、この身体の様子を参究することをお勧めします。

さらに表示する