釈尊直説とは

 

 

釈尊直説とは、人間ゴータマ・ブッダ(釈尊)が自ら説いた教えをいう。日本に伝わった諸々の仏経典に説かれた教えは、釈尊自身の言葉ではなく、後世の仏弟子たちが釈尊の教えを自分なりに解釈して経典にまとめたものである。釈尊が生きた時代には当然ながら経典はまだなく、釈尊死後の数回にわたる結集(釈尊直説の確認会議)に際しても文字にまとめられることはなかった。釈尊の教えは詩の暗誦(記憶)の形で代々伝えられ、時代とともに部派仏教の教学理論として細分化される過程で小乗仏典(パーリ教典)に編纂され、また大乗仏教や密教が発展する過程で大乗仏典が創作されてシルクロードを経て中国から日本にもたされたからである。

日本に伝わらなかった初期パーリ教典の中に、「スッタニパータ」(以下「SN」、通し番号と訳文は中村元・ブッダのことば・岩波文庫)がある。寄せ集めの経典集という意味で、その中でも最古の経典とされる第4章(766以下)と第5章(序と結語を除く)は釈尊直説に最も近いとされ、その中には釈尊直説そのものもあると推定されている。なお、以下の表題は後世の教学理論で整理された用語であり、釈尊自身の言葉ではないが、便宜的に使用する。

  

1 苦諦

「アジタよ。世間は無明によって覆われている。世間は貪りと怠惰のゆえに輝かない。欲心が世間の汚れである。苦悩が世間の大きな恐怖である、とわたしは説く。」(SN1033

*無明(貪り・怠惰・欲心)→苦

 

インドでは、紀元前1500年頃に現在のイランからアーリア人が侵入して土着のドラヴィダ人を征服し、いわゆるカースト制度を統治の基本としていた。アーリア人の子孫を自認するバラモン階級の司祭たちは、その征服民族としての特権意識のゆえに、来世において何に輪廻転生するか分からないことが苦であった。裕福な生活を送っていたクシャトリア階級の王侯貴族たちにとっての苦は、秦の始皇帝と同様、老いて死ぬことへの恐怖であったろう。貧困生活を送っていたヴァイシャ階級の庶民たちやシュードラ階級の奴隷たちは、現世で生きていくこと自体が苦であったに違いない。

このように、苦の対象は人それぞれであり、苦の理由も人それぞれである。とすれば、輪廻転生を苦とするバラモンたちに対しては輪廻転生から解脱する方法を説いてもよかったし、老死を苦とする王侯貴族たちに対しては死後の世界・永遠の命があることを説いてもよかったし、生きること自体を苦とする庶民や奴隷たちに対しては来世で安楽の世界に生まれ変わる方法を説いてもよかったであろう。しかし、後述するように、そのようなことを釈尊は一切説いていない。釈尊が洞察したのは、このように人それぞれの苦であっても、いずれも今、現にある苦であり、すべての人々の苦に通じる原因があることを発見し、それを「現世」において解決するための統一的方法を示したところにある。その出発点が「無明」という根本原因の分析であった。

 

 

2 集諦・縁起順観

「メッタグーよ。そなたは、わたしに苦しみの生起するもとを問うた。わたしは知り得たとおりに、それをそなたに説き示そう。世の中にある種々様々な苦しみは、執著を縁として生起する。」(SN1050

*無明→執著→苦

 

ついで釈尊は、なぜ無明(貪り・怠惰・欲心)が苦を生起させるのかを説く。それは自分の思い通りにしたいという「執着」に気付かないからであるという。輪廻からの解脱に対する執着、財産に対する執着、生や若さ、健康に対する執着が、自分の思いどおりにならないという苦を生起させる、というのである。

 

 

3 滅諦・縁起逆観

「アジタよ。そなたが質問したことを、わたしはそなたに語ろう。識別作用が止滅することによって、名称と形態とが残りなく滅びた場合に、この名称と形態とが滅びる。」(SN1037

「内面的にも外面的にも感覚的感受を喜ばない人、このようによく気を付けて行っている人の識別作用が止滅するのである。」(SN1111

「世の中で<快><不快>と称するものに依って、欲望が起る。諸々の物質的存在には生起と消滅とのあることを見て、世の中の人は(外的な事物にとらわれた)断定を下す。」(SN867

「快と不快とは、感官による接触にもとづいて起る。」(SN870

「名称と形態とに依って感官による接触が起る。」(SN872

*順観 無明→感覚的感受→識別作用(分別智)→名称と形態(名色)→感官による接触→快・不快→欲望→執著→苦

*逆観 気を付ける→感覚的感受を喜ばない→識別作用が止滅(無分別智)→名称と形態が残りなく滅びる→感官による接触が再び起こらない(ループの脱出)→快・不快が起きない→欲望が起きない→執著が起きない→安らぎ(ニルバーナ)

 

さらに釈尊は、無明が執着を生起させる機序について語り、執着を消滅させる方法を説く。その要諦は「識別作用の止滅」であり、もともと認識主体(私)と認識対象(私以外)の分別(私が対象を認識しているという構図)をやめることである。

 

 

4 諸行無常

「人々は『わがものである』と執著した物のために悲しむ。(自己の)所有しているものは常住ではないからである。この世のものはただ変滅するものである、と見て、在家にとどまっていてはならない。」(SN805

 

自分を含め、すべてのものに独立不変の実体(我=アートマン)がないことを時間的に表現した教えである。すべてのものは実体がないから変化して止まない。不変の我があると勘違いすると執着が生まれる。

 

 

5 諸法無我

「師(ブッダ)は答えた、「<我は考えて、ある>という<迷わせる不当な思惟>の根本をすべて制止せよ。内に存するいかなる妄執をもよく導くために、常に心して学べ。」(SN916

 

自分を含め、すべてのものに独立不変の実体(我=アートマン)がないことを空間的に表現した教えである。すべてのものは実体がないから他のものに依存しないでは存在し得ない。独立の我があると勘違いすると妄執が生まれる。なお、それは我(のもの)ではないという文脈では「非我」という。

 

 

6 涅槃寂静

「ヘーマカよ。この世において見たり聞いたり考えたり識別した快美な事物に対する欲望や貪りを除き去ることが、不滅のニルバーナの境地である。」(SN1086

 

現世において上記の真実に目覚めた境地のことであり、悟りと同義であって、死とは関係がない。 釈尊の入滅後、「生死」の対義語として、「輪廻解脱」の意味で使われるようになった。

 

 

7 空

「つねによく気をつけ、自我に固執する見解をうち破って、世界を空なりと観ぜよ。そうすれば死を乗り越えることができるであろう。このように世界を観ずる人を、死の王>は見ることがない。」(SN1119

 

独立不変の実体がないものの存在の仕方を空という。大乗仏教の理論的支柱である竜樹は空について存在論的に「相互依存関係」であると解釈し、無著・世親は空について認識論的に「唯識」であると解釈したが、いずれも釈尊自身がそう語ったわけではない。

 

 

8 中道

「かれは両極端を知りつくして、よく考えて、(両極端にも)中間にも汚されない。かれを、私は<偉大な人>と呼ぶ。かれはこの世で縫う女(妄執)を超えている。」(SN1042

 

両極端(快楽主義と苦行主義、有と無、肯定と否定など)でもなく、足して2で割った中間でもない、相対主義の徹底である。後世において仏教の名の下に多種多様の教説が生まれた原因であろう。「宗論は、どちらが負けても釈迦の恥」と言われるように、それを許す土壌が釈尊直説の中にあったといえる。但し、他方で釈尊直説には「論争の禁止」も含まれている。従って「宗論は、すること自体が釈迦の恥」なのである。

 

 

9 呪占術・医術の禁止

「わが徒は、アタルヴァ・ヴェーダの呪法と夢占いと相の占いと星占いとを行ってはならない。鳥獣の声を占ったり、懐妊術や医術を行ったりしてはならぬ。」(SN927

 

釈尊によれば、仏教の寺で呪文を唱えたり、加持祈祷をしたり、おみくじを売ってはいけないことになるが、釈尊が禁止したことでさえ法門に取り込まれる懐の深さが、仏教が世界宗教となった一因であろう。

 

 

10 輪廻転生に対する無記

「(マーガンディヤがいった)、もしもあなたが、多くの王者が求めた女、このような宝、が欲しくないならば、あなたは(中略)どのような生存状態に生まれかわることを説くのですか?」(SN836

師は答えた、「マーガンディヤよ。『わたくしはこのことを説く』ということがわたくしにはない。」(SN837

 

自分の美しい娘を釈尊に差し出そうとして、釈尊から拒絶されたマーガンディヤというバラモンが、そのように欲のない釈尊であればどんな世界に転生するのかと、輪廻と業報を前提とした質問をしたところ、釈尊は質問に答えず、説くこと自体をしなかった。釈尊は、輪廻や業報について、バラモンなど説法相手が信じているなら敢えて否定はしなかった、というだけで、これらを教えとして「説いた」ことはない。輪廻からの解脱ではなく、むしろ現世において「輪廻転生に執着する態度」から解脱すべきことを説いているのである。

 

 

11 死後存在に対する無記

「滅びてしまったその人は存在しないのでしょうか?あるいはまた常住であって、そこなわれないのでしょうか?」(SN1075

「ウパシーヴァよ。滅びてしまった者には、それを測る基準が存在しない。かれを、ああだ、こうだと論ずるよすがが、かれには存在しない。あらゆることがらがすっかり絶やされたとき、あらゆる論議の道はすっかり絶えてしまったのである。」(SN1076

 

釈尊は、 輪廻はもちろん死後存在についても、肯定も否定もせず、言及自体を無意味なものとして避けている。たとえ言及しても現世における苦の解決には役立たないからである。釈尊は徹底した現世主義者であった。

 

 

12 八正道・正定(禅の起源)

「眼を下に向けて、うろつき廻ることなく、瞑想に専念して、大いにめざめておれ。心を平静にして、精神の安定を保ち、思いわずらいと欲のねがいと悔恨とを断ち切れ。」(SN972

 

部派仏教は教学仏教であり、大乗仏教は創作仏教である。いずれも仏教ではあるが、いずれも後世の仏弟子らによる仏法の「解釈」であり、釈尊直説ではない。釈尊はバラモン支配に抗した革命家でもなく、魂の救済を説いた宗教者でもなく、世界を体系化した哲学者でもなく、人々の現世における苦の解決に当たった臨床心理士であった。その教えが宗教や哲学としての仏教なったのは釈尊入滅後のことである。ここに後世、南インドの達磨が中国に渡って禅を広め、道元が中国から日本に禅を持ち帰った意義がある。彼らは一巻の経典も携えず(不立文字)、その身一つをもって釈尊直説すなわち最もピュアな原型としての仏法を伝えたのである(教外別伝)。彼らは人間ゴータマ・ブッダの教えに回帰することを唱えた、まさに仏教原理主義者であったと言っても過言ではない。

以上が主な釈尊直説であるが、その根本中の根本教説、すなわち釈尊が最初に悟った内容は何であったのであろうか。「縁起」の理法であるとする解釈が一般的であるが、私はそれ以前に「(有無)中道」こそが釈尊の悟りの核心であったろうと考えている。というのも、それまでのバラモン教がブラフマンに超越性を、またアートマンに実体性を認めた上で、その合一(梵我一如になること)を説いていたのに対し、その当時、絶対有でもない、絶対無でもない、すなわち絶対有無の否定としての「相対無」(有るとも無いともいえない)を釈尊が発見したことが画期的であったと考えるからである。この有無中道を出発点として、縁起や四諦・八正道などの教説に発展していったのである。