新解・十牛図


古来、悟りに至る過程を段階的に表したものとして有名な「十牛図」があります。何を牛にたとえているかについて、「自分の心」とか「本当の自分」と解釈するのが一般的で、そのため自分探しの旅を表しているという方もいます。このコーナーでは、牧童が表しているもの=「自我」、牛が表しているもの=もともと持ってはいるが自我意識のせいで見えなくなった「無我」の境地であり、人が自我意識を超克して本来「無我」であるという真理に目覚めるまでの道筋を説いているとの視点で解釈しています(管理人作、十牛図は伝周文・筆、相国寺・蔵)。

第1段階 尋牛(じんぎゅう)

悩み苦しみの原因は何かを探し始める

 

なぜ人は生老病死や愛憎・不満などの悩み苦しみに苛まれ続けるのか。お釈迦様の疑問も出家も修行も、ここから始まりました。菩提心に目覚め、初めて発心して、悟りへの修行の第一歩を踏み出しましたが、まだ「自我」しかなく、本来「無我」である境地はまったく見えない、手探りの状態です。

第2段階 見跡(けんせき)

悩み苦しみの元が自分自身にあると疑う

 

迷いながら夢中で探していると、悩み苦しみは自分の思いや考えが原因であり、すべての根源は自身にあるのではないかと思い始めました。「無我」の境地を覆い隠す「自我意識」に気付いた状態です。

 

第3段階 見牛(けんぎゅう)

考えと事実とが別物であることに気づく

 

自分の思いや考えとは何の関係もなく、この身や宇宙が存在している事実に気付きました。自我意識のせいで隠れていた「無我」の境地が少しづつ見え始めた状態ですが、まだ追い求めようとする「自我」が強すぎて、「無我」の境地を体得できていません。

 

 

 

第4段階 得牛(とくぎゅう)

考えに惑わされずに事実を受け入れられる

 

自分の思いや考えは「自我意識」の産物であり、これを事実と混同していたことに気が付いて、事実を事実のままに受け入れることができるようになりました。「自我」の働きを「自我」によって無理やり抑え、何とか「無我」の境地を体得した状態ですが(見性)、油断するとすぐに後戻りしてしまいます。

第5段階 牧牛(ぼくぎゅう)

考えと事実とを常に区別できるようになる

 

事実として何が起ころうが、私の勝手な思いや考えなどを重ねて悩み苦しむことがなくなりました。「自我」を自在にコントロールして「無我」の境地に至ることができるようになった状態です。

第6段階  騎牛帰家(きぎゅうきか)

事実しか存在していないことに気づく

 

私の思いや考えは、私の「自我意識」が勝手に作り出した幻影に過ぎず、存在しているのは事実だけあることに気づきました。もはや「自我」をコントロールするまでもなく、逆に「無我」の境地が「自我」をリードしてくれる状態です。 

 

第7段階 忘牛存人(ぼうぎゅうそんじん)

無我であることを悟った自分がいる

 

もともと私というものなど存在しておらず、この身も私のものではなく、宇宙の法則(諸法)に従うのみであることを体得しました。もはや「無我」の境地にあることを意識することもなく、真理に目覚めた状態です。それでも、真理に目覚めた自分は居ます。

第8段階 人牛俱忘(じんぎゅうぐぼう)

無我であることを悟った自分さえ忘れる

 

さらに進んで、この命さえも自分のものではないことを実感し、もはや真理に目覚めた自分さえ居なくなりました。宇宙と完全に一体となった状態です。ここまでくると後戻りすることもありませんが(大悟)、まだ修行は続きます。

第9段階 返本還源(へんぽんかんげん)

山川草木すべての命が輝き始める

 

もともと人は悟っており、探し求めるまでもなく最初から何も失っていないことを実感しました。万物もこの身と同じく何ら変わりない命を授かっており、ありのままの世界が広がっています。

 

 

第10段階 入鄽垂手(にってんすいしゅ)

娑婆に戻って衆生に手を差し伸べる

 

既に仏に戻りました。お釈迦様もそうされたように、もはや修行をやめて元の生活に戻り、俗世間の人々と交わって、「自我」に悩み苦しむ衆生を導きましょう。