十牛図(身心脱落編)


古来、悟りに至る過程を段階的に表したものとして有名な「十牛図」があります。何を牛にたとえているかについては、「心」とか「煩悩」と解釈するのが一般的ですが、「真の自己」すなわち本当の自分探しの旅を表しているという見方もあります。このコーナーでは、牧童が表しているもの=認識主体としての自分=道元禅師のいう「自己」、牛が表しているもの=認識対象としての自分=道元禅師のいう「他己」であり、自己の身心および他己の身心を脱落させるまでの過程を表しているという視点で解釈しています(管理人作、十牛図は伝周文・筆、相国寺・蔵)。

第1段階 尋牛(じんぎゅう)

自分の正体を探し始める

 

自分とは何か。なぜ自分は存在し、生きて、死んでいかなければならないのか。本当の自分探しの旅に出ましたが、まだ手探りの状態です。

第2段階 見跡(けんせき)

答えは自分自身の中にあると思う

 

迷いながら夢中で探していると、答えはどこか外にあるのではなく、自分自身の中にあるのではないかと思い始めました。

 

第3段階 見牛(けんぎゅう)

自分の正体を一瞬かいま見る

 

 自分自身であると思っていたものが、実は想像の産物(他己)に過ぎず、本当の自分ではないのではないかと思い始めました。

 

第4段階 得牛(とくぎゅう)

認識できる自分は自分の正体ではないと知る

 

自分で思うような自分(他己)は本当の自分ではないことがはっきりと分かりました。

第5段階 牧牛(ぼくぎゅう)

認識できる自分は消し去ることができる

 

思い込みの自分(他己)はなかなか消えませんが、コントロールできるようになり、過去の後悔や将来の不安に苦しむことはなくなりました。

第6段階  騎牛帰家(きぎゅうきか)

認識できないものが自分の正体であると知る

 

思い込みの自分(他己)に同化していた自分(自己)がいることに気付き、探すのをやめました。本当の自分は自分では見つけられないことに気付いたからです。

第7段階 忘牛存人(ぼうぎゅうそんじん)

自分の正体は「私の」心であると知る

 

自分の中に心があるのではなく、私の心の中に自分がいたことに気付き、その思いの中の自分(他己)は完全に消え去りました。本当の自分は私の心そのもの(自己)だったのです。それでもまだ、それを意識している自分(自己)がいます。

第8段階 人牛俱忘(じんぎゅうぐぼう)

自分の正体は誰のものでもない心そのものと悟る

 

さらに進んで、思いの中の自分(他己)だけでなく、それを意識している自分(自己)さえも忘れ去りました。この心は誰のものでもなく、心そのものしかないことを悟りましたが、まだ旅は続きます。

第9段階 返本還源(へんぽんかんげん)

山川草木すべての命が輝き始める

 

他己も自己も忘れ、自分と自分以外との間の境界がなくなると(無我)、山川草木すべてが等しく無限の命であり、そのまま「自分の正体」であることに気付きました。探し求めるまでもなく、最初から何も失っていなかったのです。

 

第10段階 入鄽垂手(にってんすいしゅ)

娑婆に戻って衆生に手を差し伸べる

 

衆生ほんらい仏なり。既に仏に戻りました。お釈迦様も道元禅師もそうされたように、世間の人々と交わって迷える衆生を導きましょう。