禅語その弐・人生編


ここでは人生の指針となる禅語です。

 

まずは有名な道元禅師の短歌「春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえて すずしかりけり」から。そんなの当たり前と思うかもしれません。ですが、春は花ならば、あなたは一体、何でしょうか?あなたは「わたしは〇〇」と、自分の本来の姿を当たり前のように答えられますか?案外、当たり前のように一言で答えるのは難しいものです。当たり前の現象の中には、少しも隠すところなく真実の姿が現れています。これを「遍界不曾蔵」(へんかいかつてかくさず)といいます。その真実の自然をよく観察し、真実の自分を見失うことなく生きていきたいものです。

 

次は「百尺竿頭に一歩を進む」。これ以上進む先がないところで更に一歩を踏み出す、という意味です。百尺の竿の先端にはもう先がないので、本来は進みようがないのですが、満足して歩みを止めることなく、敢えて一歩を踏み出すことで、また新たな境地が開けてきます。人生には終わりはなく、修行の道にも終わりはなく、例え悟りに到達したとしても、死を迎えたとしても、更に先があるということです。

日日是好日

にちにちこれこうにち

どんな日でも毎日毎日が最高の一日

雨も良し、風もまた良し。たとえ不幸に見舞われた日でも、かけがえのない今日この日。日柄の良し悪しなど自分の心が勝手に決めているに過ぎず、もともと悪い日など存在していない。昨日でも明日でもない、今日一日を真剣に生きる。そうすれば本来、毎日が最高の一日であることに気づく。宮沢賢治の詩「雨ニモマケズ、風ニモマケズ、雪ニモ、夏ノ暑サニモマケヌ丈夫ナカラダヲモチ、慾ハナク、決 シテ瞋(イカ)ラズ、イツモシヅカニワラッテヰル(中略)サウイフモノニ、ワタシハナリタイ」。毎日が好日である心境である。


行雲流水

こううんりゅうすい

行く雲・流れる水のように自由に生きる

禅寺では修行僧のことを「雲水」と呼ぶ。自由というにはほど遠いと俗人には思える、厳しい修行生活。雲水としての修行期間は基本的に1年だが、中には10年以上も修行を続ける雲水もいる。禅寺は来る者を拒まず、去る者を追わず。本来、いつ上山し、いつ下山するかは自分次第である。いつまで修行するのですか?と聞くと、決まって「今が下山する時だと自分が思った時」という答えが返ってくる。厳しい修行の毎日にも、彼らは究極の自由を生きている。


自灯明、法灯明

じとうみょう、ほうとうみょう

自らを光とし、自らを拠り処として生きる

お釈迦様が入滅される直前に、身の回りの世話をしていた弟子の阿難陀(あなんだ、後に2代目の法嗣となる)に示した最後の教えである。師が亡くなってしまったら一体何を頼りに生きていけばよいのかと嘆く阿難陀に対し、お釈迦様が「他者に頼らず、自らとダルマ(仏法)を拠り処とし、往く道を照らす光とせよ」と諭した言葉である。昔、中国の瑞巌師彦(しげん)禅師は毎日自分で「おい、主人公」と自らに呼びかけ、自分で「はーい」と返事をして自問自答したという。最終的に頼りとすべきは自分自身と仏法以外にはない。