管理人のお遍路体験記


仕事で年に数回、大阪から車で四国に出張するので、空いた時間に、四国八十八か所お遍路めぐりをすることにした。出張1回あたり十か寺程度ずつ、数年かけて制覇する計画だ。ちなみに、通し打ちで八十八か所をめぐるには、歩き遍路だと2か月、クルマ遍路でも10日ほどかかる。バイクや自転車、ツアーバスで回る人もいるが、最近の主流はマイカーやレンタカーだ。これなら、場所にもよるが1日あたり10か寺は回れる。八十八か所の中にはポツンと一軒家に出てきそうな陸の孤島にあるお寺や、遥か遠い岬の断崖絶壁の寺もあるので、よほど時間と体力がある人以外はクルマ遍路が無難であろう。

御朱印専用の白衣
御朱印専用の白衣

お遍路では、各札所で参拝した証としての御朱印を頂ける。これを何に押してもらうかというと、①納経帳(御朱印帳)、②専用の白衣(写真)、③掛け軸(装丁前)の3つの中から最初に選ぶ。大多数の人は①納経帳(墨書と朱印、1か寺300円)で集めているようだ。②私は専用の白衣(朱印のみ、1か寺200円)に押してもらっている(写真)。③掛け軸(墨書と朱印、一か寺500円)は、あとで表具屋に仕立ててもらうが、かさばるからか、今のところ持ち歩いている人に遭遇したことがない。各寺とも、原則として午前7時から午後5時までの間、境内の中の「納経所」という建物に誰かしらが待機していて、この時間内いつでも押してもらえる。納経所に備え付けてあるドライヤーは押してもらった朱肉を早く乾かすためのものだ。上記納経料のほかに数百円の駐車料金が必要なお寺もある。別途ロープウェイ(21番、66番)やケーブルカー(85番)を使わないと事実上徒歩でしか行けないお寺もある。

納札 最初は白
納札 最初は白

その他の必需品としては、納札(写真、巡礼回数によって白→緑→赤→銀→金→錦と色が変わる、ちなみに錦は特注、巡礼100回目以上)、ロウソク、線香、ライター、お賽銭など。八十八か所の大部分は弘法大師空海を宗祖とする真言宗のお寺だ。どのお寺も必ず「本堂」と「大師堂」がセットになっている。それぞれ納札箱が置かれているので、納札に住所氏名日付を記入して納札箱に入れる。それぞれロウソクと線香、お賽銭を供し、般若心経と各お寺の真言を唱えて、最後に納経所に行って御朱印をもらうのが一般である。いでたちとしては、白衣に輪袈裟、加えて歩き遍路では菅笠に金剛杖というのが本格的スタイルである。「同行二人」(弘法大師と一緒という意味らしい)と書かれた白いポーチを肩にかけている人も多い。どれも霊山寺(1番)その他の大きな札所で販売している。クルマ遍路の私は白衣に輪袈裟だけだが、白衣には巡礼途中で絶命してもそのまま死装束になるという決死の意味があるらしい。

たらいうどん(本文の店とは無関係)
たらいうどん(本文の店とは無関係)

2019年12月某日、発心の道場といわれる徳島県は鳴門市の霊山寺(1番)からクルマ遍路をスタートした。まだ薄暗い朝7時に到着すると、さすがは一番札所、すでに多くの人が山門前のお遍路用品の店で買い物をしている。ここで納札や御朱印用の白衣を買う。初心者と見えたようで、店の人が親切に声をかけて教えてくれる。宗派によって白衣の背中の文字が違うらしい。通常は「南無大師遍照金剛」、私の場合は曹洞宗というと「南無釈迦牟尼仏」と書いた白衣を出してくれた。多くの御朱印が押された白衣を着ている客が店にいたので、あのように着て回ってもよいものかと店の人に尋ねると、「汚れるから、着る白衣と御朱印用の白衣は別にするのが普通で、あのような人は珍しい」と教えてくれた。私は、永平寺で授戒したときの白衣(おいずる)を持っていたので、着るための白衣の方は買わずに済んだ。さて、お寺の電話番号をカーナビにセットし、いよいよ巡礼開始。一番札所から切幡寺(10番)までの十か寺は市街地の近い場所にあり、順打ちで午前中に一気に回ることができた。10番札所の前に名物「たらいうどん」の店があったので昼食をとり(但し、正直ここはおススメしない)、そこから少し山の中へ入った藤井寺(11番)へ。八十八か所中最古といわれる本尊がある藤の名所だ。次の焼山寺(12番)までの長い山道は「遍路返し」と呼ばれる最大の難所のため、11番札所から先の徳島県内は次の機会に譲ることとして、高速徳島道で出張先の愛媛松山に向かった。必ずしも、札所の順番通りに回る必要はないのだ。

オレンジフェリー「えひめ」の船内 レストランや大浴場もある
オレンジフェリー「えひめ」の船内 レストランや大浴場もある

菩提(悟り)の道場と呼ばれる愛媛県の松山では、浄瑠璃寺(46番)から石手寺(51番)までの6か寺を回ったところで初日はタイムアップ。石手寺は文化財豊富な大寺で既に初詣の準備をしていた。翌日の仕事を済ませてから、太山寺(52番)・圓明寺(53番)、高速松山道で西条市に移動して香園寺(61番)へ。通常の木造のお寺とは異なり、モダンな鉄筋コンクリ造りの大寺院だ。ここから前神寺(64番)までの4か寺を急いで回って東予港の大阪行き貨客フェリー乗り場へ。夜10時発、翌朝6時着の瀬戸内航路で大阪に帰るのだ。寝ている間に着くので、帰りに長距離運転しないで済むのは楽だ。ダイヤモンド・プリンセス号とまではいかないが、なかなか豪華な全室個室の新造船である。ほとんど揺れを感じることもなく眠りについた。初回のマイカー遍路では1泊2日で合計22か所、全体の4分の1を回ることができた。この後、年が明けて世の中はコロナ一色となろうとは、まだ知る由もない。

最終札所 八十八番 大窪寺 山門
最終札所 八十八番 大窪寺 山門

コロナが下火となった2020年11月某日、久しぶりに出張が入ったので、大阪への帰り道に涅槃の道場と呼ばれる香川県を通り、2回目のマイカー遍路をすることにした。コロナ対策として、手水・線香・振鈴・声に出しての読経はしない。まずは宇多津町の郷照寺(78番)から坂出市の白峯寺(81番)までの4か寺を一気に回る。高松市内で一泊し、翌朝は根香寺(82番)から源平合戦の地で知られる屋島寺(84番)までの3か寺を回り、ケーブルカーで山上の八栗寺(85番)へ。その後、乗り場近くにある讃岐うどんの有名店「山田家本店」で昼食。ちなみに関東の山田うどんとは関係がない。午後は志度寺(86番)から最終札所大窪寺(88番)へ。コロナの影響だろうか、最終目的地という割にはお遍路さんの数は少ない(写真)。八十八か所すべてをコンプリートすることを「結願」という。希望者には結願証明書を発行してくれるらしい。ここで歩き遍路は金剛杖を奉納し、最後に弘法大師のまします和歌山・高野山に向かうのが御礼参りである。私はまだ途中を飛ばしているので、もちろん結願ではない。今回は1泊2日で合計11か所を回って高速香川道で大阪への帰路についた。まだ全体の8分の3だ。 

遍路返しの難所 十二番札所 焼山寺 山門
遍路返しの難所 十二番札所 焼山寺 山門

2021年2月某日、3回目のマイカー遍路。今回は、1回目で回り切れなかった徳島県内の残りのお寺をすべて回る。初日は平地の恩山寺(18番)から南下して平等寺(22番)、日和佐の薬王寺(23番)と回り、ここで一泊。徳島県最南端のため、次の札所は高知県の最御崎寺(24番)になるが、80キロも離れているので次回に回し、翌朝一番に太龍寺(21番)のロープウェー乗り場に向かう。土曜日なのに同乗者は1組だけ。雄大な四国山地を眺めながら往復で約20分、料金2600円なり。山頂の寺に滞在30分ほどで、そそくさと勝浦町の鶴林寺(20番)に向かうが、こちらの寺も山の上にあり、道中も狭いうえに見通しが悪い。「点滅していたら対向車が来ている」という無人信号機は初めて見た。これを無視して進むと、延々バックさせられるはめになり、えらいことになる。その後は市街地に出て井戸寺(17番)から大日寺(13番)まで一気に逆打ちで回る。国分寺(15番)は八十八か所で唯一の曹洞宗のお寺だ。そして、いよいよ八十八か所めぐり前半戦の最難関、焼山寺(12番)に挑む。事前に得た情報では、遍路返しと呼ばれる藤井寺(11番)から向かう道より、大日寺(13番)から逆打ちする道の方がまだまし、とのこと。それでも、ところどころ車が対向できない細い山道を恐る恐る走る。ガードレールもない崖が続き、落ちたら一巻の終わりという箇所も少なくない。当然、バックするのも容易ではないので、対向車が来ないことを祈りつつ30分ほど進む。山の頂上の意外に広い駐車場には、意外にも多くの車が来ていた。雨や雪の日には絶対に通りたくない道であった。なんとか無事に町に下りて徳島ラーメンを食べて帰る。これで発心の道場、徳島県内の23か寺はすべて制覇、合計45か寺となり全体の半分を超えた。が、修行の道場、高知県内のお寺はまだ手つかずだ。高知県は16か寺と数が少ない上に次の札所までの距離が遠い。まさに修行の道場である。